和泉潤税理士事務所 和泉潤税理士事務所
インフォメーション&コラム
トップページ > お知らせ一覧 > アフターコロナに飛躍したい人必見! 「最大100万の補助あり!小規模事業者持続化補助金で、販路を開拓しよう!」 第6回 経営実践勉強会

アフターコロナに飛躍したい人必見! 「最大100万の補助あり!小規模事業者持続化補助金で、販路を開拓しよう!」 第6回 経営実践勉強会

  2020/6/6(土)

第6回経営実践勉強会を開催します。

アフターコロナに飛躍したい人必見! 「最大100万の補助あり!小規模事業者持続化補助金で、販路を開拓しよう!」

ご注意ください
今回のテーマは「補助金」で、「給付金」ではありません。
補助金昨年の売り上げに関わらず、採択された事業に関して経費の3分の2が補助される制度です。
給付金昨年より大きく売り上げが下がったものを補填する施策です。

■「売上を上げるために取り組みたい施策はあるけど、費用が心配でなかなかチャレンジできない!コロナの影響で販促にお金をかけにくくなった
こんなお悩み、ありませんか?

今回はそんな悩みをダイレクトに軽減してくれる制度である、『小規模事業者持続化補助金』を貴社で活用していただくための勉強会です。

小規模事業者持続化補助金とは「小規模事業者等が取り組む販路開拓等の取組の経費の一部を補助することにより、地域の雇用や産業を支える小規模事業者等の生産性向上と持続的発展を図ることを目的」とした補助金です。

つまり、小規模の事業者を支援する補助金で、特に集客・販促に関するものであれば幅広く採択されやすい傾向があります。

なので、
集客したいけど、予算が厳しい
対面型から、非対面型へビジネスモデルを転換したい
テレワークを導入したいが、戸惑っている
ホームページやチラシなどの販促物を負担なく作りたい
販促に関する専門家を負担少なく雇いたい

上記のように、販売促進をしてビジネスを広げたいと考えている方に特にオススメです。

「えぇー!知らなかった。。。もうすでに取り組み始めちゃったよ」というあなたもご安心ください。

コロナ特別対応型であれば、本年218日~まで遡った期間を対象とすることもできますので、すでに販促活動を実施している方にもお役に立てるはずです。

また、採択されなくても、申請書類にある「事業計画書」を書くことで、
・事業の戦略が明確になる
・ホームページやチラシなど発注する際に楽になる
などのメリットがありますので、万が一うまくいかなかったとしても、何らかのプラスを得ることができます。

■今回の勉強会で扱うテーマ
 小規模事業者持続化補助金の通常枠とコロナ枠の違い
 採択の要になる、事業計画書の書き方のコツ
 今からできる販路開拓のヒントについて

■詳細
〇日時:202078日(水) 19時~2030
〇会場:和泉潤税理士事務所 会議室(高松市常磐町1丁目4-7 岸本ビル3階)
〇費用:3,000
〇お問合せ:メール、またはお電話にてお受けしております。
 Emailoffice@kanon55.com
 Tel087-813-4331(和泉潤税理士事務所 担当:馬場)

■講師紹介
株式会社かのん 代表取締役 山本カオル

[
経歴]
30
歳を過ぎ、販売経験がないまま小売店の管理職となる。
好況な時代に関わらず、任された店の売り上げは昨年対比7割にまで減少。
悩み抜いたあげくコーチングに出会い、1人のトッププレイヤーの努力でなくスタッフ全員で業績をあげる手法に180度転換。
自らマネジメントした某有名ファミリーブランドFC店で売上日本一達成。
独立後、接客が苦手なスタッフや初心者でも、すぐに現場で実践でき、利益があがる
人財育成と売れる仕組みづくりのためのコーチン」を体系化。
自らの経営者としての実践経験とコーチングメソッドを活かし、中小企業の昨年対比売上2ケタ増加、定着率向上などの成功事例を次々と生み出している。
近年は、発達障害の子どもや大人をサポートするメソッドの普及にも力を注いでいる。